会社名CSS 株式会社
代表者代表取締役  小門 千恵子
設立1988年 11月 7日
住所<本社>
〒482-0003 愛知県岩倉市曽野町 709番地
TEL 0587-37-9131(代表) FAX 0587-37-9061
E-mail:ao@css-corp.jp
URL: http://www.css-corp.jp/

<岩倉工場>
〒482-0002 愛知県岩倉市大市場町郷廻312番地
業 種繊維機械の開発・製造・販売、ソフトウェアの開発・販売
取引項目 単動式電子ジャカード(棒刀・ふみせにも対応)
ダイレクトジャカード
FDドライブに換わるUSBドライブ
佐和・カヤバ対応USBコントローラ、工程管理システム
資本金1,000万円
取引銀行三菱UFJ銀行 栄町支店
<会社案内ダウンロード>
会社案内

1988年11月愛知県名古屋市千種区今池5丁目1-5に株式会社エポックを設立
1990年 4月株式会社日立製作所のHISに認定
1993年 4月富士通株式会社のFNPに認定
2005年 5月株式会社エポックからCSS株式会社に社名変更
2005年 5月佐和・カヤバのFDコントローラに換わるUSBコントローラの開発開始
2007年 8月日本毛織物工業組合の業務支援システムの開発行い認定
2007年11月佐和・カヤバのFDコントローラに換わる USBコントローラ「AO」を製品化
2008年12月佐和・カヤバ対応したUSBコントローラ「AO」で
地域産業資源活用事業計画に認定
(平成20・11・21中部第4号)
2008年12月愛知県岩倉市曽野町709番地に移転
2010年 9月中部知財金融支援事業に認定
2010年10月新型ダイレクトジャカード「AO-DJ」の製品発表
2010年10月新型ダイレクトジャカード「AO-DJ」の特許申請
2010年10月中小企業技術革新制度(SBIR制度)支援事業に認定
2010年12月廉価版のコントローラ「AO-LightⅡ」を開発し製品化
2011年 5月新型ダイレクトジャカードで 
(特許取得/特許第4747308号)
2011年 6月新型ダイレクトジャカード
(タイプ:西陣・桐生・エンドレス)で
地域産業資源活用事業計画に追加認定
(平成23・05・16中部第10号)
2011年 6月ダイレクトジャカード「AO-DJ」で
(商標登録/登録第5416906号)
2011年11月新型ダイレクトジャカード「AO-DJ」を製品化
2012年 1月FD(CGS)をUSB(CGSⅡ)に変換する変換機を製品化
2012年 1月FDドライブに換わるUSBドライブ「たすけ」を製品化
2012年 2月CSS株式会社 
商標登録
2012年 6月8吋FD(CGS)をUSB(CGSⅡ)に変換する変換機を製品化
2012年11月単動式電子ジャカード「AO-EJ」の試作品発表
2013年 6月単動式電子ジャカード
で(特許取得/特許第5326149号)
2013年10月CSS株式会社 岩倉工場を新設
生産体制を強化
2014年12月単動式電子ジャカード「AO-EJ」の(第1号機)の発売開始
2015年 8月単動式電子ジャカード「AO-EJ」の(第2号機)の設計開始
2015年 9月技術最先端型業種の製品として愛知県で3社目に認定
2016年 3月単動式電子ジャカード「AO-EJ」(第2号機)の
「内覧会」を岩倉工場で行う
2016年 4月単動式電子ジャカード「AO-EJ」(第2号機)を製品化
2017年 2月単動式電子ジャカード(第2号機)で
地域産業資源活用事業計画に係る認定
(20161219中部第23号)
2017年 6月ドビーカードの電子化システム「ドビコン」の試作開発
2018年 6月廉価版 コントローラ「Light-Ⅲ」試作発表

繊維業界は、振り返れば、戦後、日本も輸出で好景気に沸いた時期もあ
りましたが、現状は、その時期とは逆に、安い輸入品に押され、無くな
る会社が後を経ちません。

苦労して会社を成長させ誇れる技術を培っても、無くなれば全て無です。

私も、日本人として日本の誇る伝統文化の織物を守るお役に立てればと
深く考えず、本事業に入りましたが「目くら蛇おじず」と、昔の人はよ
く言ったものと、単動式電子ジャカードが出来た今、すこし落ち着いた
から思えます。

「鹿を追う者は山を見ず」の例えの如く、早く完成させたい思いばかり
が先行し、前に川があっても穴があっても、気づきませんでした。

穴に落ちては、穴の下から上を見上げると小さな丸い明かりが見え、遠
いけど、這い上がるしか道はなく・・そんな繰り返しでした。

内心、負け惜しみではありませんが・・
失敗は糧だから出来るまでやる!穴に落ちる度に自分に活をいれました。

何度、こんな事を繰り返したか数えきれません。

この思いは、私一人ではありませんでした。
社員も立場違っても同じ気持ちで、苦しみながら諦めず頑張る様子を見な
がら、私はお金を集める事に専念しました。

お金は、不思議にご支援して下さる方々のお声がけで集まりました。

現在の単動式電子ジャカードは「第2号機」です。
1号機の課題を洗い出し、設計者も代えて再設計を行い金型も作り直し再
チャレンジの上完成させました。

最初は、恐る恐る回し稼働音を聞いたとき「涙」が止まりまらず暫く立っ
ていました。

まるで、全くの機械オンチの私に「もう大丈夫だよ」と電子ジャカードが
私に伝えてくれてる音に聞こえました。

納品(5000口×2台、2000口×1台/棒刀対応)後、1年、今回は静かに
「第2号機」を見守りました。問題なく動きました。

今年から皆様に喜んで頂けるよう「量産発注」に入りました。

国産唯一のメーカとして、メカジャカードを電子化し保守も簡単にできるよ
うしました。

同じ日本人として共存共栄て頑張りますので、宜しくお願い致します。