会社名CSS 株式会社
代表者代表取締役  小門 千恵子
設立1988年 11月 7日
住所<本社>
〒482-0003 愛知県岩倉市曽野町 709
TEL 0587-37-9131(代表) FAX 0587-37-9061
E-mail:ao@css-corp.jp
URL: http://www.css-corp.jp/

<岩倉工場>
〒482-0002 愛知県岩倉市大市場町郷廻312
業 種繊維機械の開発・製造・販売、ソフトウェアの開発・販売
取引項目 単動式電子ジャカード「AO-EJ」(棒刀・ふみせにも対応)
ダイレクトジャカード「AO-DJ」
FDドライブに換わるUSBドライブ「たすけ」
佐和・カヤバ対応のUSBコントローラ「AO」
廉価版USBコントローラ「AO-Light3」、ダイレクトドビー
工程管理システム『ひつじ』、工程管理システム『てっちゃん』
資本金1,000万円
取引銀行三菱UFJ銀行 栄町支店
<会社案内ダウンロード>
会社案内

1988年11月愛知県名古屋市千種区今池5丁目1-5でソフト会社として株式会社エポックを設立
1990年 4月株式会社日立製作所「HIS」認定
1993年 4月富士通株式会社「FNP」認定
2005年 5月株式会社エポックからCSS株式会社に社名変更
2007年 8月日本毛織物工業組合「業務支援システム」として開発製品化
2007年11月佐和・カヤバ対応USBコントローラ「AO」の製品化
2008年12月佐和・カヤバ対応USBコントローラ「AO」
地域産業資源活用事業計画に認定
(平成20・11・21中部第4号)
2008年12月愛知県岩倉市曽野町709番地に移転
2010年10月中小企業技術革新制度(SBIR制度)支援事業に認定
2010年12月廉価版コントローラ「AO-LightⅡ」の製品化
2011年 6月ダイレクトジャカード「AO-DJ」 製品化
(特許取得/特許第4747308号)
2011年 6月ダイレクトジャカード「AO-DJ」
地域産業資源活用事業計画に追加認定
(平成23・05・16中部第10号)
2011年 6月ダイレクトジャカード「AO-DJ」
(商標登録/登録第5416906号)
2012年 1月FD(CGS)→USB(CGSⅡ)変換機の製品化(8吋対応)
2012年 1月FDドライブに換わるUSBドライブ「たすけ」製品化
2012年 2月CSS株式会社(商標登録)
2013年 8月単動式電子ジャカード「AO-EJ」
(特許取得/特許第5326149号)
2013年 8月CSS株式会社 岩倉工場を新設
2014年12月単動式電子ジャカード「AO-EJ」(第1号機)製品化
2015年 9月単動式電子ジャカード、ダイレクトジャカード、コントローラ
技術最先端型業種の製品として尾張地区で3社目に認定
2016年 4月単動式電子ジャカード「AO-EJ」(第2号機)製品化
2017年 2月単動式電子ジャカード「AO-EJ」(第2号機)
地域産業資源活用事業計画に係る認定
(20161219中部第23号)
2019年 4月コントローラ「AO-Light3」製品化
2019年 7月駆動(サーボモータ)付 単動式電子ジャカード「AO-EJ」を製品化
2020年 4月ドビーカードの電子化「ダイレクトドビー」製品化
2020年 8月工程管理システム『ひつじ』 IT補助金に登録 (3/4)補助
2020年 9月ものづくり補助金(試作品開発)「採択」

私が繊維業界に入ったのは、バブル崩壊後の1995年で当時はオフコ
ンが主流で「パソコンで一度の入力で台帳が自動的に出来るシステムが
欲しい」との要望から開発したのが工程管理システム『ひつじ』でした。

当社の得意とする技術系開発言語を使い(サーバ+クライアント)で各
産地向けにパッケージソフトとして開発しカスタマイズし納品しました。

ハード開発に入るキッカケは、2004年12月の展示会に西陣の機屋
(はたや)さんが来場され「佐和・カヤバが製造をやめた事で今はFD
製造をしているがFDドライブも製造中止になりこの先が不安だ」と話
された事でした。

ニッチな業界でしたが燃えるものを感じました。
既存がやめる状況は先が無い事を意味しているのになぜやるのか、と言
われましたが、神様は西陣織を着て見えるし短絡的に決めました。

開発当初は協力会社の力も借りましたが、社員が育たない状況と肝を握
られていてはメーカでないと思いリスクあり遠回りであっても自社開発
に切り替えました。製品も「人」と同じで、色々な失敗を重ねながら一
人前になる事を実感しました。
成功者の「出来るまでやる」の一言は、へたった時の私に何度も檄を入
れてくれました。

新型コロナウィルスにより、歴史が変わるほどの状況になりましたが、
最近海外からの製品問い合わせが真剣に来るようになりました。

国内の紋彫屋さんからの情報です。「唯一残っていたスイスの紙メーカ
から一番簡単な紙のみにする」と昨年早々通告があり、その紙は製織中
に破れる課題があるとの事。更に、紋彫機は部品もなく修理ができない
状況との事で、いずれ世界中が紋紙製織から電子化にならざるを得ない
と話されました。

当社製品をグローバルにジャパンブランドとして展開したいと思います。